毛じらみを手っ取り早く解決するには?

やっぱり剃るのが一番簡単だけど・・・

毛じらみが陰毛に寄生することで発症する毛じらみ症は、早めに処置しなければ、結構大変な思いをすることもあるそうです。

なんでも、ものすごく陰部周辺の皮膚が痒くなり、血が出ても、傷が化膿しても、掻き毟ってしまうくらい我慢できないレベルになる事もあるのだとか・・・。痛いより痒い方が精神的ダメージは大きい場合はあるものです。

そんな状況は、一刻も早くなんとかしたいところです。

では、毛じらみ症を発症してしまった場合、どういった対処をとれば良いのでしょうか?

すると、意外にも陰毛を全部剃れば、あらかたの毛じらみは減らせるそうです。毛じらみは、陰毛にしがみついて、その周辺の皮膚から血を吸い取っているため、寄生場所である陰毛を全部剃ってしまえば、必然と除去できるという事のようです。

また、そうすることで、毛じらみだけでなく卵もある程度除去できるため、毛じらみへの対処法の中では一番手っ取り早く、尚且つ確実とのことでした。

陰毛を全部剃るのには勇気が要りますけど、陰部がものすごく痒いよりはマシかなとは思います。人前で掻ける場所でもありませんから・・・。

でも、剃毛すれば全て解決というワケでも無いので、シラミンローションが届くまでの間の対処法という感覚の方が良いのかもしれません。

薬用のシャンプーやパウダーで日本で推奨されているのは、スミスリンということになりますが、この薬に含まれている殺虫剤成分が気になる場合は、天然成分のみでシラミを駆除できるシラミンローションの方が安心です。

それで、陰毛せずに完全駆除できれば、少し生えてくるとチクチクするということに悩まされる心配もありません。