陰毛に毛ジラミがいる時の対処方法

しつこい毛ジラミは最初が肝心

毛ジラミの主な寄生場所は、陰毛です。
陰毛にしがみついて、その周辺の皮膚から吸血するのだとか。そのため、性器の陰毛部分の皮膚が、ものすごく痒くなるみたいです。

しかも、入浴中にシャワーなどをかけると更にがっしりとしがみついて、流されないように抵抗するようです。そのくらいしつこいのが毛ジラミです。

毛ジラミによって痒みが引き起こされるようになると、掻き過ぎて血が出ても掻くのを我慢できないレベルらしく、二次的に化膿などが生じるケースも多いとのことでした。痒み止めや化膿止めなどの薬を塗れる場所でもありませんから、とても厄介みたいです。

下手に消毒液なんて使った日には、返って飛び跳ねるほどの痛みになってしまうことも考えられますからね。

そんな厄介な毛ジラミですが、寿命は4週間ほどありその間に陰毛上にたくさん卵を産み付けるため、自然治癒は絶対見込めないそうです。それだけ、一つの個体としての生命力は弱くても、繁殖力が強いことで生き残ってきた寄生虫です。

つまり、毛ジラミ症になったら、悪化させないためにもとにかく早めの対処をするしかないんですが、陰毛に毛ジラミがいる場合、どういった対処をすべきなのでしょうか?

一番手っ取り早いのは、陰毛を全部剃ること。

ただ、これには抵抗を覚える人も多いと思みたいです。そこで、最近は毛ジラミを除去するための、薬用シャンプーやローションも市販されているため、こちらを使用する人も増えているとのことでした。ただ個人的には、手っ取り早く対処できた方が良いので、陰毛を全部剃る方法の方が良いかな、と思いました。